《ビットコインFX比較》GMOコインよりビットフライヤーの方が良い理由!手数料よりスプレッド重視でしょ

どうも、RM51@bitcoin51)です。

Coincheck(コインチェック)のレバレッジ取引ではなく、しっかりビットコインFXを始めようと思い、ビットフライヤー(bitFlyer)とGMOコインに登録して実際に取引画面やチャートなどを触って比較してみたのでご紹介します。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

GMOコインとbitFlyerのビットコインFXを比較してみた!

GMOコインのビットコインFXってどうよ?

メリット

  • 銀行口座出金手数料が無料!頻繁に出金する人はいいかも。
  • スプレッドが固定で300円!
  • レバレッジが最大25倍!今のところ25倍はGMOコインだけ!
  • 追加証拠金制度なし。

デメリット

  • PCのチャートがダメ..。bitFlyerの方がいいです。
  • GMOだからサーバー落ちがなさそう..とか皆さん言ってるけど、普通にチャート見れなくなったりする。安定してない。これからもっと安定するかもね。
  • 注文板が見れない。成行注文しかしない人はいいですが、指数注文する人は不便。
  • トータル的に、取引画面やチャートが質素でシンプルというより安心感がない。

bitFlyerのビットコインFXってどうよ?

メリット

  • チャートが見やすい、使いやすい。
  • ボラティリティが大きい!良いことです。
  • スプレッドが安い(ほぼない)!スプレッドは常に変動していて、0%〜0.03%くらいの印象です。800,000JPYの場合、0円〜240円くらいです。
  • レバレッジが最大15倍!ちょうど良い。
  • アラート機能がある!
  • インジケーターもいい感じ。
  • サウンド設定ができる。取引する際に音を鳴らすとテンション上がる(笑)トレードってメンタルですから、自分のモチベーションが上がるような環境作りは大事です。

デメリット

  • んーGMOコインと比べると、FXに関してはデメリットはとくにない。現物取引はスプレッドが酷いのでGMOコインの方が良いですが、指数注文や逆指数注文ができないので、Coincheck(コインチェック)をお勧めします。

まとめ

一見、GMOの方が銀行口座出金手数料が無料なので良いように感じますが、銀行口座出金って1ヶ月で何回しますか?むしろ、ビットコインFX(短期トレード)するにあたって、1日に何回も取引をするのでスプレッドが安いbitFlyer(ビットフライヤー)の方がお得でしょ!..っという考えに至ったので、RM51bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインFX(スキャルピング)を始めようと企んでおります。長期は相変わらずCoincheck(コインチェック)を使っています。

仮想通貨口座に入金するなら住信SBIネット銀行がおすすめ!

Coincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)、GMOコインなどの仮想通貨取引所の銀行振込では、『住信SBIネット銀行』の口座があると手数料が無料になったりして便利です。私は個人事業主になってから、インターネット関係の収入は『住信SBIネット銀行』を使用しているので手数料フリー!もしまだインタネットバンクを持っていなかったら『住信SBIネット銀行』がオススメですよ!


久々にビットコインが下降トレンドですな。